NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2022.03.19-20 SUPER TAIKYU ROUND.1 SUZUKA CIRCUIT
2 2022.04.16-17 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2022.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
4 2022.05.28-29 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA CIRCUIT
5 2022.06.03-05 SUPER TAIKYU ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
6 2022.07.09-10 SUPER TAIKYU ROUND.3 SPORTS LAND SUGO
7 2022.07.30-31 SUPER TAIKYU ROUND.4 MOBILITY RESORT MOTEGI
8 2022.08.06-07 SUPER GT ROUND.4 FUJI SPEEDWAY
9 2022.08.27-28 SUPER GT ROUND.5 SUZUKA CIRCUIT
10 2022.09.03-04 SUPER TAIKYU ROUND.5 MOBILITY RESORT MOTEGI
11 2022.09.17-18 SUPER GT ROUND.6 SPORTS LAND SUGO
12 2022.10.01-02 SUPER GT ROUND.7 AUTOPOLIS
13 2022.10.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2022.11.05-06 SUPER GT ROUND.8 MOBILITY RESORT MOTEGI
15 2022.11.26-27 SUPER TAIKYU ROUND.7 SUZUKA CIRCUIT



SUPER GT 2021 Rd.6 オートポリスラウンド リリース 2021.10.26
SUPER GT 2021 Race Report Rd.6 AUTOPOLIS GT 300km RACE(2021年10月23日〜24日)

■吉本大樹選手のコメント

【予選後】
公式練習の最初は路面温度が低かったことやコンディションを確認するために待機していました。コースインしてからは順調にメニューを消化しましたが、赤旗が連続したのでロングランのテストが行なえませんでした。それでも全体的に感触はよく、予選に向けては多少のアジャストで挑みました。予選Q1は河野選手が突破してくれて予選Q2を担当したのですが、ウォームアップが想定以上に良くアタックのタイミングが合いませんでした。それでも決勝レースは6番手からスタートできるので確実にポイントを積み重ねたいです。

【決勝後】
スタートを担当してトップ3からは離れましたが、序盤はポジションをキープできました。2回のセーフティカーランによってタイヤの摩耗もセーブでき27周目にピットに戻って河野選手にドライバー交代しました。いつものレースのように後半のスティントで追い上げてもらおうと思っていましたが、タイヤにグレーニングが発生したようで想定外のピットインが必要になりました。シリーズランキング争いで重要なレースと考えていただけにノーポイントは非常に辛い結果です。ただシーズンは2戦が残っているので、とにかく勝ちにいきたいです。

https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20211026_01.pdf
https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20211026_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ