NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2021.04.10-11 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
2 2021.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
3 2021.05.21-23 SUPER TAIKYU ROUND.3 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
4 2021.07.17-18 SUPER GT ROUND.4 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
5 2021.08.21-22 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
6 2021.09.11-12 SUPER GT ROUND.5 SPORTS LAND SUGO
7 2021.10.23-24 SUPER GT ROUND.6 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
8 2021.11.06-07 SUPER GT ROUND.7 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
9 2021.11.27-28 SUPER GT ROUND.8 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY



SUPER GT 2021 Rd.3 鈴鹿ラウンド リリース 2021.08.23
SUPER GT 2021 Race Report Rd.3 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE(2021年8月21日〜22日)

■吉本大樹選手のコメント

【予選後】
公式練習は順調に進んだのですが、重いサクセスウエイトを積んでいるので予選Q2への進出はギリギリの戦いになると想定していました。そのため、セットアップを変更して公式練習からのタイムアップを図りました。しかし、予選Q1で走り始めるとオーバーステアがきつく狙った方向ではありませんでした。コクピットで操作できる範囲内でバランス調整を施しましたが、公式練習のときよりバランスが悪くなっていました。欲をかきすぎたのかもしれませんが、予選Q2への進出が見えていたので悔やまれる結果です。決勝レースで抜くことは簡単ではないですが、少しでも上位に入って是が非でもポイントを持ち帰りたいです。

【決勝後】
想定していたよりも厳しい決勝レースとなってしまいました。スタートを担当したのですが、10周目前後からタイヤが厳しくなって規制されたミニマムの周回数でルーティンのピットストップをしました。後半の河野選手もファイナルラップまで全力で走ってくれましたが、ポイントには届きませんでした。鈴鹿サーキットではポイントを積み重ねられると思っていたので、予選と決勝レースともに誤算でした。天候やピットストップの戦略など味方しなかったところもありますが、全体的にみると戦えるパフォーマンスがありませんでした。


https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20210823_01.pdf
https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20210823_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ