NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2022.03.19-20 SUPER TAIKYU ROUND.1 SUZUKA CIRCUIT
2 2022.04.16-17 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2022.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
4 2022.05.28-29 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA CIRCUIT
5 2022.06.03-05 SUPER TAIKYU ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
6 2022.07.09-10 SUPER TAIKYU ROUND.3 SPORTS LAND SUGO
7 2022.07.30-31 SUPER TAIKYU ROUND.4 MOBILITY RESORT MOTEGI
8 2022.08.06-07 SUPER GT ROUND.4 FUJI SPEEDWAY
9 2022.08.27-28 SUPER GT ROUND.5 SUZUKA CIRCUIT
10 2022.09.03-04 SUPER TAIKYU ROUND.5 MOBILITY RESORT MOTEGI
11 2022.09.17-18 SUPER GT ROUND.6 SPORTS LAND SUGO
12 2022.10.01-02 SUPER GT ROUND.7 AUTOPOLIS
13 2022.10.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2022.11.05-06 SUPER GT ROUND.8 MOBILITY RESORT MOTEGI
15 2022.11.26-27 SUPER TAIKYU ROUND.7 SUZUKA CIRCUIT



SUPER GT 2021 Rd.4 もてぎラウンド リリース 2021.07.20
SUPER GT 2021 Race Report Rd.4 MOTEGI GT300Km RACE(2021年7月17日〜18日)

■吉本大樹選手のコメント

【予選後】
公式練習の走り始めからバランスは悪くないのですが、マシンの重さによって厳しい戦いとなりました。予選と決勝を想定した走行を重ねましたが、どちらもライバル勢には劣っている状況です。公式練習後のFCY訓練で決勝を想定した走行を行ないたかったのですが、トラブルで走れず苦しい状況が重なりました。明日の決勝レースは今日よりも暑くなる予報となっていて、コンディションが変わったときにライバル勢がどうなるか分かりません。チームとしてできることをやって、ポイント圏内へ入れるように努力します。

【決勝後】
スタート直後から前のマシンには付いていけましたが、集団で走行するとエンジンとブレーキともにクーリングができず抜くほどのパフォーマンスは持っていませんでした。徐々にタイヤのグリップも薄れていったために想定していたミニマムでのピットインとなりました。河野選手は異なるタイヤを履き終盤までペースを落とさず、最後はトップ集団と遜色ないラップタイムで走行していました。23番手からスタートしたので結果としては良かったですが、褒められる内容ではありません。次戦以降も厳しい戦いとなりますが、その中でもしっかりとポイントを獲得できるように準備を進めます。


https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20210720_01.pdf
https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20210720_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ