NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2021.04.10-11 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
2 2021.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
3 2021.05.21-23 SUPER TAIKYU ROUND.3 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
4 2021.07.17-18 SUPER GT ROUND.4 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
5 2021.08.21-22 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
6 2021.09.11-12 SUPER GT ROUND.5 SPORTS LAND SUGO
7 2021.10.23-24 SUPER GT ROUND.6 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
8 2021.11.06-07 SUPER GT ROUND.7 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
9 2021.11.27-28 SUPER GT ROUND.8 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY



auto sport Web Sprint Cup リリース 2019.11.26
SUPER GT×DTM 特別交流戦 auto sport Web Sprint Cup(2019年11月23日〜24日)

11 月22(金)-24 日(日)の3 日間に亘って、SUPER GT の500 クラスとDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の直接対決となる「AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT×DTM 特別交流戦」が富士スピードウェイで開催された。併催レースとしてGT300 クラスのマシンにFIA GT3 のマシンを加えた「auto sport Web Sprint Cup」も実施され、12 台がエントリーした。このレースは22 日に公式練習、23 日に公式予選と50 分のレース1、そして24 日に50 分のレース2 が行なわれる。公式予選はA、B ドライバーがそれぞれ10 分間のタイムアタックを行ない、二人のタイム合算で予選順位が決まる。またレース2 のグリッドは、レース1 の表彰式で抽選を行ない、レース1 の順位、もしくはトップ6 のリバースグリッドかが決定する。

---------------------------------

■吉本大樹選手のコメント

レース1 は『スリックで行こう』と言いかけたのですが、スリックで出ていって雨が降ってしまったら元も子も無いのでレインを選びました。序盤には接触等もありましたが何とかトップを守ることができました。途中でスリックタイヤを選んだ48 号車に抜かれてはしまいましたが、僕たちはオートポリスのレースでも見せましたが、コンディションが悪い時には強いので、宮田選手も100% の力で追い上げてくれて最後に逆転してくれました。

レース2 も少し濡れたコースコンディションで僕らの得意とするところでした。昨日今日と2 日間ともにマシンにマッチした状況で走れて2 連勝できました。
シーズン中も毎戦こうだったらチャンピオンが獲れるのではないかと思います。今年はシーズンでも1 勝できましたし、最後に2 連勝できて良い締めくくりになりました。宮田選手も最後まで攻め続けてくれて、最高の締めくくりになりました。一年間ありがとうございました。

https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20191126.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ