NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2022.03.19-20 SUPER TAIKYU ROUND.1 SUZUKA CIRCUIT
2 2022.04.16-17 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2022.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
4 2022.05.28-29 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA CIRCUIT
5 2022.06.03-05 SUPER TAIKYU ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
6 2022.07.09-10 SUPER TAIKYU ROUND.3 SPORTS LAND SUGO
7 2022.07.30-31 SUPER TAIKYU ROUND.4 MOBILITY RESORT MOTEGI
8 2022.08.06-07 SUPER GT ROUND.4 FUJI SPEEDWAY
9 2022.08.27-28 SUPER GT ROUND.5 SUZUKA CIRCUIT
10 2022.09.03-04 SUPER TAIKYU ROUND.5 MOBILITY RESORT MOTEGI
11 2022.09.17-18 SUPER GT ROUND.6 SPORTS LAND SUGO
12 2022.10.01-02 SUPER GT ROUND.7 AUTOPOLIS
13 2022.10.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2022.11.05-06 SUPER GT ROUND.8 MOBILITY RESORT MOTEGI
15 2022.11.26-27 SUPER TAIKYU ROUND.7 SUZUKA CIRCUIT



SUPER GT 2019 第3戦 鈴鹿ラウンド リリース 2019.05.28
SUPER GT 2019 第3戦 鈴鹿ラウンド(2019年5月25日〜26日)

■吉本大樹選手のコメント

(予選終了後)
公式練習のスピンはセットが合っていなく、ダンパーがフルボトムしたことによって起きました。原因が分かっているので、これは不安要素ではありませんでした。公式練習のフィーリングは悪くなく、適切なセットアップも見つかったので予選Q2 への進出は可能だと感じていました。
しかし、予選Q1 で乗ってみるとまったく曲がらないマシンになっていました。決勝レースまでに原因を追及して、追い上げるレースが出来ればと思います。

(決勝終了後)
大阪トヨペットのホームコースともいえる鈴鹿サーキットということと、多くのサポーターが駆け付けてくれたので良い結果を残したかったですが、残念な順位となりました。序盤から苦しい状況で、前が詰まっていたこともありパッシングされてしまう場面もありました。
セーフティカーが入ったことがチームとしては有利に働き、ピット作業で前に出られました。後半のスティントはスタートと異なるタイヤを使ったことで、ペースはやや安定し10 位でフィニッシュできました。ただ望んでいる順位ではありませんし、もっとパフォーマンスを上げる必要があります。暑い中で戦えたことは次戦のタイへつながると思うので、ぜひ好結果を残したいです。

予選https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20190528_01.pdf
決勝https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20190528_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ