NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2021.04.10-11 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
2 2021.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
3 2021.05.21-23 SUPER TAIKYU ROUND.3 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
4 2021.07.17-18 SUPER GT ROUND.4 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
5 2021.08.21-22 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
6 2021.09.11-12 SUPER GT ROUND.5 SPORTS LAND SUGO
7 2021.10.23-24 SUPER GT ROUND.6 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
8 2021.11.06-07 SUPER GT ROUND.7 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
9 2021.11.27-28 SUPER GT ROUND.8 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY



SUPER GT 2018 第7戦 オートポリスラウンド リリース 2018.10.24
SUPERGT2018第7戦オートポリスラウンド(2018年10月20日〜21日)


■吉本大樹選手のコメント

(予選終了後)
公式練習ではタイヤと路面温度がマッチしていなかったために的確なセットアップが見つけられず苦しい展開となりました。それでも、路面温度が上昇した予選ではタイヤのパフォーマンスが発揮できる状態となったため、状況が好転しました。
宮田選手は素晴らしいタイムで予選Q1を突破してくれたので、ポールポジションを目指して予選Q2に挑みました。しかし、コースのクリアな状況を探していたことや宮田選手よりも多くウォームアップを行なったために、結果として最適なタイミングでタイムアタックができませんでした。チームに申し訳なく思っています。
明日の決勝レースは、状況次第になりますがペース良く走れるはずなので巻き返したいです。


(決勝終了後)
序盤は上位陣でアクシデントがあったこともありポジションアップできました。しかし、早い段階で左リアタイヤが異常摩耗を起こしてペースが上げられませんでした。
セーフティカーの導入は助かりましたが、ピットインのタイミングも誤っていたようです。後半のスティントも私と同様のタイヤを履いたために、攻めることができずに宮田選手には苦労させてしまいました。
今戦は、戦略も選択したタイヤも機能せずに苦しい状況でした。このような状況だと勝つことはおろか、ポイントを獲得することもできません。チームやサプライヤーも含めてもう一度、多角的に考え直すことが必要と感じています。


予選https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20181024_01.pdf
決勝https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20181024_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ