NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2022.03.19-20 SUPER TAIKYU ROUND.1 SUZUKA CIRCUIT
2 2022.04.16-17 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2022.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
4 2022.05.28-29 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA CIRCUIT
5 2022.06.03-05 SUPER TAIKYU ROUND.2 FUJI SPEEDWAY
6 2022.07.09-10 SUPER TAIKYU ROUND.3 SPORTS LAND SUGO
7 2022.07.30-31 SUPER TAIKYU ROUND.4 MOBILITY RESORT MOTEGI
8 2022.08.06-07 SUPER GT ROUND.4 FUJI SPEEDWAY
9 2022.08.27-28 SUPER GT ROUND.5 SUZUKA CIRCUIT
10 2022.09.03-04 SUPER TAIKYU ROUND.5 MOBILITY RESORT MOTEGI
11 2022.09.17-18 SUPER GT ROUND.6 SPORTS LAND SUGO
12 2022.10.01-02 SUPER GT ROUND.7 AUTOPOLIS
13 2022.10.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2022.11.05-06 SUPER GT ROUND.8 MOBILITY RESORT MOTEGI
15 2022.11.26-27 SUPER TAIKYU ROUND.7 SUZUKA CIRCUIT



SUPER GT 2018 第2戦 富士ラウンド リリース 2018.05.07
SUPER GT 2018 第2戦 富士ラウンド(2018年05月03日〜04日)


■吉本大樹選手のコメント

(予選終了後)
午前中の公式練習がキャンセルされ、予選方法もノックアウトから1回のアタックに変更になるなど難しい条件でしたが、持ち込みのセットアップが良く久しぶりにポジティブな状況となりました。2週間前の鈴鹿サーキットで行なわれた公式テスト後にチームがしっかりとマシンを仕上げてくれたお陰です。30分に短縮された公式練習では、ユーズドタイヤで6周しか走っていませんが、それでも好感触を得ています。決勝レースではチーム一丸となって、上位を目指します。


(決勝終了後)
予選が6番手だったため、決勝レースでは表彰台を狙っていました。それだけに7位という結果には悔しさはあります。スタートは初めて宮田選手に担当してもらい、GT500クラスが一斉に後方から迫ってくる状況でも冷静に走っていました。私のスティントは、先行するマシンに押さえられてしまってペースが上がりませんでした。それがなければ、違った展開にもなっていたはずです。また、私達のチームは2回のピットストップともに4本のタイヤを交換する選択肢しかなかったので、タイヤ無交換を行なったチームに対しては不利な状況でした。それでもポイントが獲得できたことは良かったですし、次戦以降はさらに強くなってレベルの高い戦いを行なっていきたいです。


予選https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20180507_01.pdf
決勝https://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20180507_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)







HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ