NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2017.04.01-02 SUPER TAIKYU ROUND.1 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
2 2017.04.08-09 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2017.04.29-30 SUPER TAIKYU ROUND.2 SPORTS LAND SUGO
4 2017.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
5 2017.05.20-21 SUPER GT ROUND.3 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
6 2017.06.10-11 SUPER TAIKYU ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
7 2017.07.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.4 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
8 2017.07.22-23 SUPER GT ROUND.4 SPORTS LAND SUGO
9 2017.08.05-06 SUPER GT ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
10 2017.08.26-27 SUPER GT ROUND.6 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
11 2017.09.02-03 SUPER TAIKYU ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
12 2017.10.07-08 SUPER GT ROUND.7 CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
13 2017.10.14-15 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2017.11.11-12 SUPER GT ROUND.8 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE



SUPER GT rd.1 OKAYAMA ROUND レース後コメント 2014.04.10
■吉本大樹選手のコメント

最終的には恐らく電気系、オルタネーターか何かのトラブルだと思いますが、エンジンの高回転域で点火しなくなって……。残念ですが、クルマを止めざるを得ませんでした。

ただ、事前の準備など、チームのメカニックのみんなは満足に家にも帰らず、クルマの中で仮眠を取ったりしながら準備作業をしてくれていた。そうした厳しい状況を考えれば、予選まではとてもうまく行っていたと思いますし、出来るだけのことをやってくれた結果のトラブルは、もう仕方のないことですから。本当にチームに感謝しています

この岡山でもいろいろなトラブルが起こった中で、修復作業は大変だったとは思いますが、その分学ぶことも多く、良いレースウィークを過ごせたと思います。加えてチームとして、次のレースまでの宿題をもらった訳ですから、それを解決していくことで、またもっと学ぶことが出来るのではないでしょうか。

ペース的には良かったので、普通に最後まで走れていたら、かなり良いところまで行けていただろうな、という残念さはありますが、2014年型のBMWには差を付けられていたとは言え、初戦を走ってみた感触では、それほど遠いわけじゃない。まずは4号車、7号車をターゲットに、彼らに近づいて行けるように次の富士も頑張ります


その他詳細は下記リリース(PDF)をご覧下さい。
http://www.lm-corsa.com/pdf/news_reportOKAYAMA_20140409.pdf
(LM corsa プレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ