NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2018.04.07-08 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
2 2018.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
3 2018.05.12-13 ADAC Zurich 24h-Rennen - Nurburgring Nordschleife
4 2018.05.19-20 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
5 2018.06.30-07.01 SUPER GT ROUND.4 CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
6 2018.08.04-05 SUPER GT ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
7 2018.09.15-16 SUPER GT ROUND.6 SPORTS LAND SUGO
8 2018.10.20-21 SUPER GT ROUND.7 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
9 2018.11.10-11 SUPER GT ROUND.8 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE



SUPER GT 2018 第4戦 タイラウンド リリース 2018.07.03
SUPER GT 2018 第4戦 タイラウンド(2018年06月30日〜7月1日)


■吉本大樹選手のコメント

(予選終了後)
公式練習では調子が良く予選前に雨が降って下位に沈むというのは、昨年と全く一緒のパターンになってしまいました。天候だけはどうしようもないですが、なぜこのタイミングで降るのかと恨んでしまうほどです。予選は、柔らかいコンパウンドのレインタイヤを選択して走ったのですが、コースインから数周こそグリップ感がありましたが、その後はタイムが伸びず、ピットに戻ってタイヤを替えてアタックを続けたのですが、予選Q1突破まで、コンマ4秒ほど足りませんでした。決勝レースは、昨年が21番手から6位まで追い上げたので、その再来となれば良いと思います。


(決勝終了後)
3位で表彰台に登れたことは素直に嬉しいですが、予選のことを考えると悔しさもあります。もし予選でQ2に進出していれば勝てていたレースなので、そこは残念です。ただ、チームもマシンも勝てるパフォーマンスを持っていることを証明出来ました。これまで地道にマシンを開発してくれた関係者の方やチームスタッフ、エンジニアに感謝します。レースは、クルマのセットアップとヨコハマタイヤが持ち込んでくれたモデルが絶妙にマッチしていて、ラップタイムも摩耗的にも非常に良かったです。また、初のサーキットとタイヤ2本交換も初めてだったのに確実に後続を抑えた宮田選手の頑張りがありました。次戦からはウエイトハンデが重たくなりますが、さらに強いチームを目指して結果を残していきたいです。


予選http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20180703_01.pdf
決勝http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20180703_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ