NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2018.04.07-08 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
2 2018.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
3 2018.05.12-13 ADAC Zurich 24h-Rennen - Nurburgring Nordschleife
4 2018.05.19-20 SUPER GT ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
5 2018.06.30-07.01 SUPER GT ROUND.4 CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
6 2018.08.04-05 SUPER GT ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
7 2018.09.15-16 SUPER GT ROUND.6 SPORTS LAND SUGO
8 2018.10.20-21 SUPER GT ROUND.7 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
9 2018.11.10-11 SUPER GT ROUND.8 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE



SUPER GT 2018 第3戦 鈴鹿ラウンド リリース 2018.05.21
SUPER GT 2018 第3戦 鈴鹿ラウンド(2018年05月19日〜20日)


■吉本大樹選手のコメント

(予選終了後)
鈴鹿サーキット用に用意してもらったタイヤがピンポイントに合っていたことと、マシンのセットアップも良かったので公式練習から調子良く走ることができました。予選はQ1を担当したのですが、タイムアタック中に赤旗になって最適なタイミングを失ってしまいました。それでもQ1を突破できるポテンシャルはあると思っていたので、その通りになりました。宮田選手がQ2を担当し5番手を獲得してくれたのですが、あれ以上のタイムは想像できないので実力を発揮してくれたと思います。決勝レースはとにかく前半で上位に出て、できれば貯金を作った状態で後半のスティントに繋げたレースをしたいです。


(決勝終了後)
ドライバーもピットワークもミスなくチームは最善の仕事をしてくれました。なので、悔しいですが5位がベストな結果だと思います。私が担当した第一スティントは、トップ3に離されてしまって苦しい展開でした。タイヤをセーブしつつ順位をキープしていたのですが、セーフティカーが入ってギャップが消えました。セーフティカーのタイミングは運もありますが、今回は不利に働きました。ただ、セーフティカーが入らなかったとしても5位以上になれたかは分からないので、まだまだ実力を付ける必要があります。現状では、解決策が見えていないので、今回のデータをしっかりと見直して次戦のタイラウンドに臨みたいと思います。


予選http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20180521_01.pdf
決勝http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20180521_02.pdf
(LMcorsaプレスリリース)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ