NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2017.04.01-02 SUPER TAIKYU ROUND.1 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
2 2017.04.08-09 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2017.04.29-30 SUPER TAIKYU ROUND.2 SPORTS LAND SUGO
4 2017.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
5 2017.05.20-21 SUPER GT ROUND.3 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
6 2017.06.10-11 SUPER TAIKYU ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
7 2017.07.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.4 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
8 2017.07.22-23 SUPER GT ROUND.4 SPORTS LAND SUGO
9 2017.08.05-06 SUPER GT ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
10 2017.08.26-27 SUPER GT ROUND.6 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
11 2017.09.02-03 SUPER TAIKYU ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
12 2017.10.07-08 SUPER GT ROUND.7 CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
13 2017.10.21-22 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2017.11.11-12 SUPER GT ROUND.8 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE



SUPER GT rd.8 MOTEGI ROUND レース後コメント 2015.11.16
■吉本大樹選手のコメント

・予選後
朝の公式練習では、まず持ち込んだタイヤをチェックしましたが、この時からフィーリングは悪くなかった。バランスも良かったので、公式練習では持ち込みのセットを変更することなく走りました。
午後の公式予選に向けては少しだけセットを変更しましたが、雨が多くなって路面のコンディションが変わってしまい厳しかった。グリップが足りませんでしたね。でも、ドライバーとしてベストなアタックが出来たと思っています。
明日の決勝はドライコンディションとなることも予想されていますが、ドライのセットは全くの「決め打ち」となります。でも何とか頑張ってもう一度ポイントを取ってシーズンを終えたいですね。

・決勝後
今日は自分がスタートを担当しました。レインタイヤで行くのか、それともドライに変えるのか、随分悩みましたが、結果的にはレインで行って正解でした。
ウチのクルマはストレートスピードでライバルに遅れをとっているので、コーナーでつっかえてしまうと厳しくなります。そんな展開が続いて厳しかったのですが、何よりSCカーのタイミングもアンラッキーでしたね。
でも1年を通してマシン開発を進めてきて、今日もちゃんと完走出来た。それは大きな収穫だったと思います。

予選 http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20151116_qf.pdf
決勝 http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20151116_final.pdf
(プレスリリースはこちらからDL出来ます)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ