NO. DAY CATEGORY ROUND CIRCUIT
1 2017.04.01-02 SUPER TAIKYU ROUND.1 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE
2 2017.04.08-09 SUPER GT ROUND.1 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
3 2017.04.29-30 SUPER TAIKYU ROUND.2 SPORTS LAND SUGO
4 2017.05.03-04 SUPER GT ROUND.2 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
5 2017.05.20-21 SUPER GT ROUND.3 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
6 2017.06.10-11 SUPER TAIKYU ROUND.3 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
7 2017.07.15-16 SUPER TAIKYU ROUND.4 AUTOPOLIS INTERNATIONAL RACING COURSE
8 2017.07.22-23 SUPER GT ROUND.4 SPORTS LAND SUGO
9 2017.08.05-06 SUPER GT ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
10 2017.08.26-27 SUPER GT ROUND.6 SUZUKA INTERNATIONAL RACING COURSE
11 2017.09.02-03 SUPER TAIKYU ROUND.5 FUJI INTERNATIONAL SPEEDWAY
12 2017.10.07-08 SUPER GT ROUND.7 CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
13 2017.10.21-22 SUPER TAIKYU ROUND.6 OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
14 2017.11.11-12 SUPER GT ROUND.8 TWINRING MOTEGI ROAD COURSE



SUPER GT rd.5 SUZUKA ROUND レース後コメント 2015.09.04
■吉本大樹選手のコメント

・予選後
朝の公式練習を終え、サーキットサファリまでの短いインターバルにセットアップを少し変更したんです。そうしたらずいぶんバランスが良くなって、公式予選ではトップとのタイム差も随分詰めることが出来ました。
自分としても良いアタックが出来たという自負もあるし、もちろん満足している訳ではないけれども、今の状態ではベストな結果だと思っています。というのも今日は予選用ということで、あえてタイヤに厳しいセットで臨んだのです。だからこのままでは明日のレースが厳しくなるので、もう一度ミーティングしてセットを考えてみます。
このクルマは高速コーナーでバランスが良いから、実は鈴鹿のようなコースは得意なんです。決勝に関してはノートラブルで、そしてチーム全員の力で着実に追い上げて行ける。雨だと、開幕戦がそうだったようにもっと効率的なレースになると思っています。入賞を目指して頑張ります。

・決勝後
結論から言うと、実りのあるレースウィークになりました。実際には細かなトラブルもいくつかあったし、セーフティカーが出た時の対応など、もう少し上を狙えたんじゃないかと、もったいないことをした、とも思っています。
でも難しいといわれてきた1000kmレースを感想したことで、頑張ってくれたメカさん達にも報いる事が出来ました。反対に、まだ足りない部分、クルマだけでなく戦略などチームの総合力についても分かったので、次に繋がるレースとなりました。次の菅生では、もっと上のレベルで戦いたいですね。


予選 http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20150904_qf.pdf
決勝 http://www.hiroki-yoshimoto.com/jp/race/pdf/20150904_final.pdf
(プレスリリースはこちらからDL出来ます)






HOME NEWS RACE GALLERY PROFILE GOODS BLOG LINK CONTACT
POWERED by PLATZ